クリケットを楽しみながらインドを知る。インド人プロフェッショナルとスポーツ交流。

2018年に実施したスポーツを通じた日印交流イベントです。インドを知るならやっぱりクリケット。インド人からクリケットを学びながら、多彩な価値観を持つインド人とお互いの違いを認め合いダイバーシティを体感しました。


クリケットチームTokyo Falconsでプレーするインド人選手が来てくれました。


当日のプログラムの流れです。


まず初めに、インド人によるクリケットレクチャー(15分)クリケットで使う道具(バットやボール)基本ルールについて丁寧に説明してくれました。ちなみに参加者は全員がクリケット未経験です。


そして、基本スキル(投げる、打つ、走る)を学びます(30分)  


「投げる」が難しい。野球のように肘を曲げてはダメです。肘を伸ばして投げるのがクリケットの投げ方。


「打つ」は野球経験のある人はコツを掴むのが早かったです。

次に「走る」頭でルールを理解していても難しいのが走り方で、ついオーバーランしてしまいます。でも、うまく出来たらインド人から笑顔でハイタッチ。

そして、最後はチーム対抗によるゲームも行っちゃいました(60分)


クリケットの試合では戦略がとても重要だそうです。各チームのインド人リーダーを中心に攻め方を真剣に話し合いました。


最初はなかなかボールがストライクゾーンに行かなく大変でしたが、頑張りました。

このバッターは野球経験者、ホームラン級の打球をどんどん打ちこんで来ました。

お互いにナイスプレーを讃え合います。

勝利チームです。

スポーツに国境はないですね。


参加した日本人の感想です。

日頃あまり交流のないインド人✖クリケットというほぼ皆初めてのスポーツということで新鮮味や刺激を感じられた。

インドを前より身近に感じることができました!

インドへの愛と、インド文化を日本に広めたい気持ちがよく伝わりました。ぜひ日本の伝統的な文化も彼らに伝えられるようなEXCHANGEの機会があるとより深い交流になるかと存じます。

クリケットは初めての体験でしたが、とても楽しかったです。 今度クリケットの試合を生で見てみたいと思いました。

次回はインドとオンラインで繋いて、クリケットのスタジアム観戦のライブツアーを企画したいと考えています。どれだけリアルで体感出来るかがポイントですが、お楽しみにしてください。


今回は以上となります。


15回の閲覧0件のコメント