top of page

ヨガの3大効果 ストレスマネジメント・健康増進・メンタルヘルス

本場インドのヨガインストラクターによると、ヨガには1. ストレスマネジメント 2. 健康増進 3. メンタルヘルス改善の3つの効果があるそうです。



1. ストレスに対処するためのヨガ

  • ヨガは、ストレスが個人に与える影響を最小限に抑えます。ヨガは、神経系を強化し、ストレスの多い状況に前向きに立ち向かう力を与えてくれます。

  • 現代生活の悩みは、私たちの生命エネルギーを貯蔵している神経細胞から取り出しているため、生体エネルギーを枯渇させてしまいます。その結果、エネルギーが枯渇し、精神的・肉体的なバランスが崩れ、ストレスが生じます。

  • ヨガの科学では、神経は無意識のマインドをコントロールし、強い神経系を持つ人はストレスの多い状況によりポジティブに対処できると考えられています。

  • アーサナは全身の細胞への血流を改善し、神経細胞を活性化させます。この流れは、神経系をリラックスさせ、若返らせ、軽快さを与えるだけでなく、ストレスに耐える能力を向上させてくれます。


2. 健康のためのヨガ

  • 健康は、心身の各部分が完璧にコミュニケーションすることによってもたらされます。各細胞が互いにコミュニケートするとき、健康がもたらされます。

  • 健康とは、単に病気から解放されることではなく、関節、組織、筋肉、細胞、神経、腺、体の各システムが完璧なバランスと調和を保っていることでなければならない。

  • 健康とは、身体、心、知性が完璧に均衡を保ち、最終的に魂と完全に交わること。

  • ヨガのアーサナは、生体エネルギー(生命力)を均等に分配し、心を平穏な状態にするのに役立ちます。

  • アーサナは、呼吸器系、循環器系、神経系、ホルモン系、消化器系、排泄系、生殖器系のバランスを完璧に整えます。身体の平衡は、精神的な安らぎをもたらし、知的な明晰さを向上させます。


3.感情とメンタルのためのヨガ

  • 横隔膜は、心臓の知性の座である。心臓は、感情的な心の座です。ストレスや感情の起伏が起こると、横隔膜が緊張してその形を変えられなくなり、さらなる混乱を招きます。

  • アーサナとプラナヤーマの練習は、横隔膜に弾力性を持たせることで問題に対処し、伸ばせば情緒不安定によるどんな歪みにも対応できるようにします。

  • 心は自然に活動的でダイナミックになり、魂は光り輝く。ヨガの練習は、状況や反応によって起こる不安定さや平衡感覚の喪失を根絶するものである。

  • 練習は感情的な態度を刺激して変え、不安を勇気に、優柔不断と判断力のなさを前向きな決断力に、そしてすべての感情の不安定さを自信と心の均衡に変えていくのです。


ヨガを始めるきっかけは人それぞれですが、1)ストレスマネジメント、2)健康増進、3)メンタルヘルスの向上など、現代社会を生きていく上で大きなメリットがあります。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スポーツを通じて生きる力を養うDevelop life skills through sports

フジヤマカンパニーでは、ゴールドメダル・マインドセット・プログラムを提供しています。自己成長を望み、目標達成に向かって行動し、自分自身のゴールドメダルを獲得するための支援プログラムです。 スポーツに限らず生きる力を養うためにはマインドセットが大切です。 では、マインドセットとは何か? マインドセット ・挑戦する強い気持ちを持ち続ける力 ・決めたことを継続する力 ・自分の能力を信じる力 この3つの力

AIに尋ねました! メンタルトレーニングとスポ根の違い。

問い: メンタルトレーニングとは何ですか メンタルトレーニングとは、スポーツ選手やビジネスパーソン、アーティストなどのパフォーマンスを向上させるために行われる、心理学的なトレーニングのことです。このトレーニングは、スポーツや仕事、芸術などの分野において、パフォーマンスを最適化するために利用されます。 メンタルトレーニングは、様々な技術や戦略を用いて行われます。一般的なメンタルトレーニングの技術には

Comentários


bottom of page