米国と日本の子供のスポーツのあり方を比較してみました。

スポーツを通じたライフスキルの習得を考えていた時にふっと、

日本と米国で体験したスポーツの捉え方、考え方はなぜ違うのだとうと思いGoogleで "Why sports are good for kids" と" なぜスポーツは子供に良いのか" を検索してみました。


以下文章は、米国の上位サイトの内容を翻訳サイトで日本語化したものです。


スポーツをしている子どもは筋肉や骨が強くなります。


スポーツで体を動かすと、心肺機能が高まるので、心臓の健康にも役立ちます。


スポーツチームに所属することは、社会的な交流、チームワークの構築、リーダーシップのスキルにもつながります。


チームワークには、協力と妥協が必要です。

また、競技で思い通りにならないことがあったときに、どうすればいいかを学ぶという形で、共感力を身につけることもできます。


チームの一員であることは、子供たちの自信につながり、同じような好きなことや目標を持つ仲間の一員であることで自尊心が高まります。また、責任感や規律も身につきます。


チームに所属している間は、コーチや仲間の言うことを聞き、尊重しなければならないのです。


アスリートは、協議中にプレッシャーのかかる状況に置かれることがよくあります。そのような状況にいかに素早く適応し、やり過ごすかを考えなければなりません。これは、人生で困難に直面したときの対処能力と批判的思考に役立ちます。


スポーツを実施することで、人々はより健康的で、精神的に強くなることができます。また、スポーツは、チームの一員として、または家族や友人と一緒にプレーすると楽しいものです。


スポーツを通じた心理社会的な発達

・仲間づくりと友情

スポーツチームに所属することは、子供たちに学校以外の新しい社会的な輪を提供し、新しい友情を築く機会となり、その中には一生続くものもあるかもしれません。

他の子供たちと一緒に練習することで、子供たちは学校での生活とは異なる交流に参加することができます。


また、ソーシャルメディアを通じてのメールだけでは得られない、豊かなコミュニケーションや交流が生まれます。共に勝ち、共に競い合い、共に負け、共に敗北を処理する。


スポーツに携わることで、チーム全体のために自分を二の次にすることなど、チームワークの大切さを学ぶことができます。こうしたことが、子どもたちに新たな一体感や帰属意識を与えているのです。


負けることを学ぶ

敗北を受け入れ、それに対処することを学ぶことは、人生において重要な教訓です。スポーツの性質上、常に勝者と敗者が存在し、そのどちらかになる経験は貴重なものです。練習でも試合でも、子どもたちが負けてしまう場面が何度もあるのは仕方がないことですが、負けることは恥ずかしいことではないと認識させることが大切です。


誰にでも負けず嫌いの友達がいて、時にはゲームの楽しさをすべて台無しにしてしまうことがあります。負けた後の感情をコントロールし、理解することを学ぶことで、子どもたちは人生の助けとなる回復力を身につけることができます。人生にはさまざまな障害がありますが、負けても堂々とすること、落ち込んだときに立ち上がることを学ぶことは、スポーツが早い段階から教えてくれることなのです。


次にテキストマイニングツールを活用しデータ分析をして見ました。

米国サイト分析1:Why sports are good for kidsの検索結果を翻訳し分析した内容


日本サイト分析1:なぜスポーツは子供に良いのかの検索結果を分析した内容


米国サイト分析2


日本サイト分析2

米国と日本のサイト分析の結果を比較すると

米国サイト分析から感じたこと

  1. スポーツを通じチーム力を養う傾向にある

  2. リーダーシップ・共感力・帰属意識などチームに関する内容が多い傾向にある

  3. スポーツチームの社会的位置付け、ソーシャルメディアとの関わり方などが見受けられる

日本サイト分析から感じたこと

  1. スポーツの上達に関する内容が多い傾向にある。

  2. スポーツから得る経験などに関する内容が多い傾向にある。

  3. ボジティブな思考、スポーツから得る成功体験などメンタルに関わる内容と共にいつの時期に運動能力を養うのがベストかなどの解説がある。

選択したサイトによって上記結果は変わるとは思いますが、米国と日本のスポーツの捉え方が、なんとなく感じられました。 日本に於いてのLifeskillsの浸透はこれから徐々に上昇して行くことを期待します!


#lifeisgood #lifeskills



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示