なぜメンタル強化のアプリを作ろうと思ったか?メンタルが強い人って?

アプリの説明をしていると良く聞かれる質問です。


”なぜこのアプリを作ったのですか?”


私自身、自分のメンタルに課題を感じており、メンタルを強くしてくれる、コーチングしてくれるアプリがあったら便利だな。でも世の中にそんなものないな(5年前)、欲しいな。だったら自分たちで作っちゃおう!と思ったのがキッカケです。


しかし、 その前に大事な気づきがありました。


それは、 メンタルや精神力は先天的なもので、その人が生まれつき持っている才能であると思っていたこと。例えば、トップアスリートが超緊張したシーンでも冷静にプレー出来る平常心、追い込まれた状況でも踏ん張れるマインドの強さは、その選手が特別であって、生まれつきのものでしょ?と思い込んでいました。


これは大きな勘違いだったことに気づきました。



実際には最初からメンタルが強い人はほとんどいない(一部の人を除いて)。トップアスリートもメンタルの訓練を日々行い、強いマインドを持てるようになった。 自分の心の課題を見つけそれを克服するために日々の練習を通じて少しずつメンタルを強くしていった。


つまり、メンタルは訓練すれば誰でも伸ばせる能力であることを知りました。


なんだ、自分のメンタルをもっと強く出来るのか!じゃあ自分もやってみよう!


でも何処からスタートすればいいか分からないな。


調べてみると、一般の人がメンタルを強くするサービスを提供しているところが無い、メンタル強化を体系的に学び訓練するところない。個人でメンタルパーソナルコーチのようながあるけど値段も敷居も高そう。。。 トップアスリートは専属トレーナーをつけているようだけど、一般人は対象としていないし。


不便だな。。。

それに一部の人しかコーチング受けられないなんで不公平だなと思いました。


であれば、

もっと多くの人がメンタルを強く出来る方法があればいい! 誰もが何処にいてもコーチングを受けられる仕組みを作りたい!アスリート出なくても、ビジネスエグゼクティブでなくても、誰もが平等に自分のマインドを高める機会を持てるようにしたい!


そして、その第一歩として、メンタル強化のアプリ(ライフスキル)の開発に着手しました。最初は妄想から始まりました。 アプリのイメージも漠然としたもので、どうやって作れば良いか全くわかりませんでした。リソースもありませんでした。あるのは根拠の無い自信だけでした(笑)


開発プロセスの説明は長くなるので省きます。


もちろん自分たちの知識・経験だけではアプリは作れません。協力者が必要でした。


オリンピックコーチのメンタル強化メソッド

ミシガン大学博士のスポーツ心理学の応用

インドソフトウエア企業のAI x Dataの知見

メンタルを強くしたいと思う人々の意見

など協力者の存在なしでは実現できませんでした。


そして昨年末に最初のバージョンのアプリをリリースしました。


ここまではなぜアプリを作ったかの話しです。


次に、 メンタルが強いってどんな人なんでしょう?


色々な定義はあると思いますが、私が思うメンタルが強い人とは、


1. 自分の感情に気づき(自分を客観視出来る) 
2. その感情(自分)を受け入れ 
3. 冷静に対処方法を実行できる(行動できる) 

すなわち、メンタルが強い人とは、3が自然に出来る人だと私は思います。


そのためには、1と2が出来てないと3は出来ません。 それは自分を知ることです。自分の頭の中、心の中がどんな状態かまずは自分が理解すること。自分を知らないと、どんな状況で何を実行するのが自分にとって効果的なのかわかりません。何故ならば、人によってメンタルの対処方法は違うからです。



テニスの試合を例にすると、 試合で自分のサービスゲーム。大事な局面で緊張からダブルフォルトをしてしまう。そんな悩みを持つジュニア選手。


1 自分の感情に気づく

緊張、恥ずかしい


2. その感情を受け入れる

ダブルフォルトして恥かきたくない、だから入れに行こうと弱気になっているな

親やコーチの評価を気にして、良く思われたいから緊張しているな 


この感情を(自分)を受け入れる(いいんだよ)

誰もそんなに自分のことを気にしていないよ(いいんだよ)


3. 冷静に対処方法を実施する

ネガティブな思考をポジティブに切り替えるセルフトークする

トスをしっかり上げることだけに集中しよう


上記は一つの例ですが。色々なパターンがあると思います。


このように自分を客観的に観察しながら、平常心のまま行動出来る。そしてこれを習慣化するまで訓練して無意識に出来ている人、それがメンタルに強い人だと思います。


本屋にメンタルのハウツー本が多く並んでいます。本を読むことで知識や理論を身につくと思いますが、それをどう実践するか?どう自分を掘り下げていくか?


例えば、自分を客観視して、自分の内面を掘り下げていく。自分の無意識な心の癖や思考パターンに気づき、ネガティブな思考をポジティブに変えていく方法を実践する。これも訓練すれば出来ると思いますが、最初から1人で実践するのは難しいと思います。

だから客観的フィードバックを与えてくれる、心に寄り添ってくれるコーチの存在が必要だと思います 。


スポーツ選手ではメンタル強化は当たり前のように取り組むようになりました。メンタルコーチを専門にする人たちも増えてきました。しかし、まだまだメンタル強化の優先順位は低いように思われます(技術強化やフィジカル強化と比べると)


ましては、一般の人たちにとってメンタルを日々鍛える、メンタルコーチを受ける、ことが普通になるのは、まだまだサポートする側の体制や準備が整っていないのが現状だと思います。もちろんコーチングの質も問われてきます。


ということから、まずは今自分たちが出来ることとして、アスリートだけでなく一般の人でも誰もがメンタル強化を出来るアプリの開発に着手しました。


このアプリがもっと多くの人に使ってもらえると本当に幸せに思います。誰もが自分のやりたいことにチャレンジしながら、自分のマインドも毎日磨いていき、そして心豊かで楽しいライフスタイルを実現する。アプリが人々の目標達成の役に立っている、そんなシーンを想い描きながらこれからもアプリ開発を継続して行きます。


将来的には、AI x Dataで何処までコーチングが出来るか挑戦して行きます!


最後まで読んで頂きありがとうございました。

Copyright (C) 2020 FUJIYAMA COMPANY Inc.