top of page

バンコクに来て4.5ヶ月が経ちました。80歳に泳ぎを教えることを学びながら、チャレンジしています!

新しい国に来てまず行うこと、スポーツコミュニティーで現地文化を学びます。

シンガポールではマスターズスイミングを通じ、インド・ベトナムではトライアスロンチームを通じて現地のチームメイトからローカル文化を学びました。

チームメイトから学んだこと

①地元スーパーマーケット

②地元レストラン

③地元スポーツショップ

④サイクリングショップ・サイクリングコース

⑤バケーションプレイス


自身のライフスタイルに合った情報を得ることが出来ています。 勿論情報を得るためにクラブに参加するのでは無く、新しい友人を得ることが一番の楽しみです。

バンコクでもマスターズスイミングチームに入り、バンコク生活を楽しんでいます。 

しかし、今回は少し違った形で参加しており、チームメイトにスイミングテクニックを教えています。これまでもテクニックを教えたことはありますが、基本を学び直し、マスターズスイマーに伝えることは初めてのチャレンジです。

水泳の基本の学び直しで得たこと

①体を真っ直ぐに伸ばす。水泳用語ではストリームラインが基本中の基本

②体を真っ直ぐに伸ばした状態でのキック 足を動かした状態でも正しい姿勢を保つ

③正しい姿勢で水を掴む 大きな泳ぎで腕を長く伸ばす

④速く泳ぐときはテンポを上げる 

⑤ゆっくり泳ぐときは正しく描く


ストロークの長さ x 腕の回転スピード = 泳ぐ速度

①から③を確りとマスターすれば、④と⑤の調整を行うことで泳ぐスピードの調整が可能となり、長く楽に泳いだり、全力で短距離を泳ぐことができるようになります。


更に速く、楽に長く泳ぎたいスイマーは、①から⑤をマスターしても水中の練習だけでは足りず、筋力トレーニングが必要ですが、自重でトレーニングで十分にカバー出来ます。


筋力トレーニングに付いてはマスターズスイマーの自重トレーニングを学びまたの機会にお知らせします。


バンコクでのスイミング活動の中で一番の学びは、70歳・80歳スイマーの人生に向き合う姿勢で、年齢は関係無く将来に向かってチャレンジする姿です! 自身の目標にもなります。 








閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スポーツを通じて生きる力を養うDevelop life skills through sports

フジヤマカンパニーでは、ゴールドメダル・マインドセット・プログラムを提供しています。自己成長を望み、目標達成に向かって行動し、自分自身のゴールドメダルを獲得するための支援プログラムです。 スポーツに限らず生きる力を養うためにはマインドセットが大切です。 では、マインドセットとは何か? マインドセット ・挑戦する強い気持ちを持ち続ける力 ・決めたことを継続する力 ・自分の能力を信じる力 この3つの力

AIに尋ねました! メンタルトレーニングとスポ根の違い。

問い: メンタルトレーニングとは何ですか メンタルトレーニングとは、スポーツ選手やビジネスパーソン、アーティストなどのパフォーマンスを向上させるために行われる、心理学的なトレーニングのことです。このトレーニングは、スポーツや仕事、芸術などの分野において、パフォーマンスを最適化するために利用されます。 メンタルトレーニングは、様々な技術や戦略を用いて行われます。一般的なメンタルトレーニングの技術には

Comments


bottom of page