テニワーク@日比谷公園。自分に合った新たなワークスタイル

今日は都内の日比谷公園でテニワーク(テニス&リモートワーク)でした。テニスコートにPC持参してテニスしながら仕事もする。昨年から自分の中で定着してきている新しいワークスタイルです。


コロナ自粛で基本は自宅でリモートワークが中心です。ただ、私は一日中家にいるのが苦手な性格で、体も動かさないとストレスも溜まってきます。


特に午後の時間帯は集中力も下がり、仕事の効率も非常に悪いので、この時間をスポーツしながらリフレッシュして仕事もこなしちゃおう!といった発想で初めてみました。


実践してみて分かったのは、コートでも以外に仕事できちゃうな!とグッドな感触。限られた時間内で目の前にあることをこなす。集中力も上がります。


もちろん仕事内容が、スマホやPCでリモートワークが可能であることが前提ですが。


テニワークに参加するメンバーも柔軟に対応してくれて、”すみません、今から30分仕事しまーすとか”、”この時間はZoomMTGがあるので抜けます”、とか事前に伝えておけばOK。気軽にメンバーも調整してくれるので助かります。

今のところ参加メンバーは比較的に時間を自由に使える人、経営者や自営業の人が多いですが、時々会社員の方も参加されています。テニスコーチや体育会の学生も来て、テニスの内容も濃いです。


今日は不動産会社の24歳の営業担当が参加してました。今日仕事は休み?と聞くと、”いえ、仕事で来ています。外に出て人脈や知識を広げるためにきました!”と会社も承認してるとのこと。なるほど〜、フレキシブルな会社も増えているんだな〜と印象でした。


スポーツ&リモートワーク


もしかすると、こういったワークスタイルもニューノーマルな働き方になっていくかもしれませんね。


もう一つのケースです、

実は、年末から私のマンションの外壁工事が始まり、日によっては騒音がひどく家では仕事は出来ない状態が続いています。


この前はオンラインのミーティングが始まる直前にタイミング悪く工事が始まり、これはまずい、仕事にならない!と、急遽近くの公園にPCと敷物を持って避難しました。

その日は快晴で、青い空の下で気持ち良く仕事が出来ました。子供たちがキャッキャッ言って走り回っている姿を横目に、自分はベトナムにいるパートナーとのZoomミーティング。そのギャップ感も心地良さを感じました。


これも自分の新たなワークプレースになりそうだな!と新たな発見でした。


東京は二度目の緊急事態宣言が出され、これからの1ヶ月間リモートワークが中心となる人もさらに増えてくると思います。私も自宅でのテレワーク中心の生活が続きますので、ストレスマネジメントの一環として、自分に合ったワークスタイルやワークプレースでの仕事を実践して行こうと思います。

皆さんはどんな工夫をされているでしょうか?


本日は以上となります。

14回の閲覧0件のコメント

Copyright (C) 2020 FUJIYAMA COMPANY Inc.