アプリ活用事例(一般ユーザー)

ユーザーのプロフィール

日系大手企業に勤務する30代前半の男性。会社から将来のグローバルリーダー候補生として期待され、インドでのグローバル研修(3ヶ月)に参加。

 

本人が目指す10年後のリーダー像

”包容力を持ったリーダー。様々なタイプの部下の価値観を認め、かつ組織をまとめるために、価値観・考える方向性をある程度一致・統一させる能力がある人。この人の部下になってよかったと思われるリーダーになりたい。

Q. アプリをどのように使いましたか?

インド研修期間(3ヶ月)にて、毎日の振り返りに使いました。まずはインド研修の長期目標(3ヶ月)・中期目標(1ヶ月)・短期目標(1週間)を設定して、それを達成するために毎日の研修活動を通じて自分が気づいたこと、感じたことを正直に書き込みました。

 

Q. アプリを使って気づいたことは?

アプリの感情分析レポートを見て、自分のネガティブな思考パターンに気づきました。インドで想定外の事が起きたり、予定通りに物事が進まなかった時に、イライラして感情的になり、周りの人に不信感をあらわにした言動を取っていることに気づきました。

 

Q. アプリを使って学んだことは?

同じ状況でも、心の持ちようで、そこから見える景色はガラリと変わる!!マイナス思考は厳禁。この状況をどうプラスに持っていくか、プラスに考えていくか。反省すべき点はきちんと洗い出し、反省すべきだが、それ以上、自己嫌悪したり後悔を引きずったりする必要はない。考え方を変えれば、状況の見え方は必ず変わる!ということを学びました。

 

Q. どのような変化が起きましたか?

自分の軸がはっきりとしてきて、軸を大切にするようになりました。自分の軸に対して、融通が利かないとか、バカ真面目とかマイナスではなく、筋を通すとか、誠実さ、愚直さなどのプラスの言葉でとらえ、大切にしていく。また、迷った時に自分がどうすべきか、どうありたいのかをすぐに見つめ直す仕組みは、自分も作りたいと思うようになりました。

 

Q. 今後にどう生かしたいですか?

今後、辛いことが起きても、それが将来の自分の目標達成のための糧になる、もしくはどう糧にしていくか?という視点で自分の置かれた”辛い”と思う状況を客観視する。マイナス思考をプラスに持っていくよう日々実践していきたい。

Copyright (C) 2020 FUJIYAMA COMPANY Inc.