プログラムとアプリの活用事例(アスリート)

面談で発言又は、アプリで書き出すことでアスリートがスポーツで学んだこと、再認識したこと

  • 努力は報われる。報われる人は考えて進めている。報われない人はだたやっている。報われる、報われないは、その差である。

  • 自分のやり方、考え方と違いがあり疑問に思っている事でもやり続けると進化することがある。

  • 同じ意識の人が通じ合えば、自然とモチベーションが上がり、自ずと高め合える。

  • 継続することの大切さ 続けていれば全国大会にも手が届く 

  • 練習は量ではなく質である。限られた時間の中で成果を得る為に考えることを学んだ ことの意味を理解し、何を行うかを考える。

アスリートが将来目標を考えて気付いたこと

  • 30歳の時のなりたい自分が見えて来た。

  • スポーツの目標は直ぐに立てることは出来るが、30歳の自分の目標が出て来なかったことに驚いた。

  • スポーツの目標を立てることは直ぐに出来たが、これから将来目標を立てるトレーニングをしなくては。

実行したこと(行動変容)

  • 自身の将来目標を描き、必要な能力など具体的に考え始めた。

 

世界トップアスリートが気付いたこと・実行したこと(行動変容)

 

目標達成するための1日1%の向上会議を開催

 

トレーニング

  • 痛みが出る前に手を打つ(インナー体操・ストレッチ)

  • 意識している動きと実際の動きの違い映像/ 第三者からアドバイス

  • メインセット後にチームで確認し合う

 

生活面

  • 手洗い除菌

  • 睡眠時間8時間

  • 食事の時間 3食規則正しく

  • 部屋を綺麗に保つ

  • 運動前の体操・ストレッチ(20秒内)

  • 睡眠時の服装(緩めorなし)(暖かく加湿)

 

試合前

  • あらゆる場面の想定 

  • 新しい施設 場所確認 トイレの場所・更衣室の場所・サブ会場からメイン会場の距離・召集場所・その他

Copyright (C) 2020 FUJIYAMA COMPANY Inc.