top of page

Sports コンテンツ X Technology(2)

更新日:2022年9月16日

スポーツ庁が”提唱する ”する・みる・ささえる”の観点でスポーツを世界と比較します。


前回のSports コンテンツ X Technologyは、"みる"に付いてのブログでしたが

今回は、"ささえる" に付いて海外と比較をしてみます。


海外(主に欧米)では、以下の写真のように様々なところでTechonologyを活用しています。

テクノロジーが "ささえる"ポイント

①会場に行く前にスマホ、PCでチケットを購入します。

②会場での駐車スペース予約をし購入します。

③グッズの事前購入をします。

④会場からネットワークを介し、会場内または会場外の友人とコミュケーションをします。

⑤会場の集団の流れを分析し、会場が混まないように最善を尽くします。

⑥ドーローンで今までには無い、角度からプレーを映すことをします。

⑦様々な場所からネットワークを介しファン同士を集め試合の応援をします。

⑧NFTを活用し名シーンの販売をします。

⑨スポーツの世界における人工知能(AI)は、アスリートのパフォーマンスに貢献します。

⑩アスリートの衝撃を分析、衝撃保護に活かし事故を軽減します。

⑪アスリートの動きを分析、最適なトレーニングに活かします。

⑫ファンデータを集め分析、マネタイズに活かします。

⑬ネットワークを介したコミュケーションを分析し全体を俯瞰します。

⑭ネットワークを介したコミュケーションを分析しリアルタイムレポートに活用します。

⑮ファンが楽しむためのモバイルソリューションを提供します。

⑯コンピュータービジョンで会場のどこからでも試合が楽しめます。

⑰ニュートリション/ハイドレーションを測定し、ベストコンディショニングを確認します。

⑱審判が判定できない内容をVARを観て判断します。

⑲審判が判定できない内容を高感度スタンプマイクで音波を測定し画像と共に判断します。

⑳チームアプリを開発、熱狂的なファンに対し手厚く心地良いファン対応をします。


このように目に見えない部分で、Sports Technologyを活用しているポイントを上げるときりがありません。皆さんの知るスポーツ施設を想像しどれだけSports Technologyが導入されているのか、あなたの身近な環境で Sports Techonology度数を確認するのも面白いかもしれません。自身で海外との比較を実施してみて下さい。







閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スポーツを通じて生きる力を養うDevelop life skills through sports

フジヤマカンパニーでは、ゴールドメダル・マインドセット・プログラムを提供しています。自己成長を望み、目標達成に向かって行動し、自分自身のゴールドメダルを獲得するための支援プログラムです。 スポーツに限らず生きる力を養うためにはマインドセットが大切です。 では、マインドセットとは何か? マインドセット ・挑戦する強い気持ちを持ち続ける力 ・決めたことを継続する力 ・自分の能力を信じる力 この3つの力

AIに尋ねました! メンタルトレーニングとスポ根の違い。

問い: メンタルトレーニングとは何ですか メンタルトレーニングとは、スポーツ選手やビジネスパーソン、アーティストなどのパフォーマンスを向上させるために行われる、心理学的なトレーニングのことです。このトレーニングは、スポーツや仕事、芸術などの分野において、パフォーマンスを最適化するために利用されます。 メンタルトレーニングは、様々な技術や戦略を用いて行われます。一般的なメンタルトレーニングの技術には

Comments


bottom of page