【Day4 】目標を決めずに柔軟に対応したいあなたはどっちのタイプ?

今日はDay4の続きの自分に合った目標の立て方です。


Day1はこちらより(自分の軸とは?自分の強みを言語化しよう!)

Day2はこちらより(就活とは?不安をコントロールするには?)

Day3はこちらより(企業が求めるグローバル人材とその背景について理解する)



自分にあった目標設定の流れ

  1. 自分のタイプを知る

  2. トップダウン型

  3. ボトムダウン型

  4. 目標を設定する

  5. 計画を立てる


まずは自分のタイプを知ることから。


トップダウン型、ボトムダウン型とはどんな人でしょう?



こちらより引用


トップダウン型

ゴールを先に決めて、達成のために何をやるべきかを計画立てギャップを埋めるトップダウンタイプ「計画性」や「揺るがない目標」がある人


ボトムダウン型

動きながら目標を定めるタイプ。大きな目標を決めず、目の前にある「出来る事、やりたい事」にフォーカスして自分の成果を積み重ねていく型。「目標が明確でない」「飽き性」「窮屈が苦手」な人


これまではトップダウン型による目標設定が主流だったと思いますが、先の見えないVUCAの時代、ボトムダウン型のアプローチがよりしっくりくる人も増えてきたと感じています。


自分のタイプが分かったら、それぞれタイプ別の目標設定です。


トップダウン型の目標設定

  1. 将来のありたい自分を書き出す

  2. ありたい自分に必要な能力を書き出す

  3. 現状とギャップ分析

  4. ギャップを埋めるための計画を立てる(長期・中期・短期)

  5. 1年間の行動計画を立てる


こちらはトップダウン型で活用したワークシートです。





目標設定 (SMART)


Specific 明確で具体的な内容


Measurable 進捗を測定できること


Attainable 達成出来ること


Relevant ありたい自分に直結していること


Timeframe 目標達成に必要な期間に見通しを持つこと



トップダウン型の目標設定のプロセスはこちらも参照ください。



次はボトムダウンの目標設定のステップです。


ボトムダウンの目標設定

  1. 自分の3つの軸を見直す

  2. 好きなこと

  3. 2.得意なこと

  4. 3.大切にしたいこと

  5. 今やりたいこと、確実に出来ること(行動)を書き出す

  6. やる気(願望)と出来る(自信)のレベルを確認する

  7. そこから得られる結果を書き出す

  8. 1年後にどのような状態になっているか書き出す

  9. どんな能力を持っているか(知識・スキル・経験・資格など)

  10. その能力を持って何をしているか?





こちらはボトムダウン型で活用したワークシートです。






自分のタイプを知る、自分に合った目標を立てる、ここまでは学生たちも自分達が納得できるものが出来ました。しかし、重要なのは目標を立てた後です。



目標達成するために必要な3つの事


  1. マインドセット

  2. 強い気持ちを持ち続け、決めたことを継続する力(折れない心)

  3. 自分の能力を信じて限界に挑戦するマインド

  4. セルフマネジメント

  5. 自分の長所や課題を理解する

  6. 自分の心をコントロールする力

  7. 習慣化

  8. 決めたことをやり続ける

  9. 無意識に行動する


3つ目の習慣化、決めたことをやり続ける。これが出来れば途中で挫折することなく目標は達成できると思いますが、習慣化ってそんなに簡単なことではないですよね。


そこで活用するのが習慣化を助けてくれるアプリです。自分の頭の中にあるものを可視化して、自分の強みや弱みがどんどんクリアになっていく。どんな時に決めたことをやらない弱い自分が出てくるのか?どんな時にやる気が出る状態になっているのか?自分のことが良く分かると、自分をコントロールしやすくなります。

アプリと日々向き合うことで、自分のポジティブ・ネガティブな思考パターンが可視化されて行きます。使えば使うほど自分の強みや課題が見えてきます。


ご興味がある方はこちらより。


Life Skills アプリって何?〜頭の中を可視化し、夢の実現を加速させるマインドセットの習慣化〜


本日は以上となります。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示